社会

スニーカーを簡単に洗おう!余ったベーキングパウダーを使ってみた

スニーカー 簡単 洗い方

お気に入りのスニーカーを長く使いたい!

そのためには自分でお手入れが必須ですよね。

そこで、今回はスニーカーの簡単な洗い方について説明していきます。

 

今回のポイントは”ベーキングパウダー”を使ったことです。

スニーカーを洗うのに、よく重曹を使っているケースを見ますが

「重曹でできるなら、ベーキングパウダーでもできるのでは、、!?」

と思い、冷蔵庫に入れっぱなしだった賞味期限切れのベーキングパウダーを使ってみました!ベーキングパウダーって余りがちですよね。

 

では、スニーカーの洗い方について説明していきたいと思います♪

スニーカーを洗う前に準備するもの

・要らない歯ブラシ

・ベーキングパウダー(重曹でもOK!)

・中性洗剤

歯ブラシは、使わなくなったもので十分です。

ベーキングパウダーはもちろん重曹でも問題ありません♪

あとは洗濯用の洗剤を用意してください。

 

準備はこれだけです!家にあるもので用意できちゃいますね^^

スニーカーを洗う手順

①スニーカーの汚れを簡単に落とす

付いている砂や泥、石などを簡単にで良いので落とします。

 

②靴ひもを取る

スニーカーの靴ひもをほどいておきます。

 

③洗面台にお湯をはり、中性洗剤とベーキングパウダーを入れる

洗面台に40度ほどのお湯をはって、中性洗剤とバーキングパウダーを入れて混ぜておきます。

 

④スニーカーを30分ほどお湯に付けおきする

はったお湯に、スニーカーを入れて30分ほど置いておきます。

なるべくスニーカー全体にお湯がひたひたになるようにします。

⑤歯ブラシ汚れている部分を磨く

汚れている箇所を中心に、歯ブラシで磨きましょう。

頑固なところは、水に溶かしたベーキングパウダーを付けて洗うと落ちやすいです♪

 

⑥しっかりとスニーカーに付いた洗剤を洗い流す

栓を抜き、お湯でスニーカーをしっかりと洗い流します。

ここでもお湯で、よく洗剤を洗い流すようにしましょう。

 

⑦洗い残しがないようにもう一度、お湯につけ置きする

もう一度洗面台にお湯を溜めて、30分ほどつけ置きしましょう。

洗剤がスニーカーに残っていると、乾いたときに残った洗剤の跡が茶色く浮き上がってしまうことがあります。

 

⑧最後にしっかりと乾かす。

最後に日光に当て、しっかりと乾かします。

汚れが頑固でうまく落ちなかったり、乾かしたときに汚れが浮いてきてしまったときは食器用洗剤とワイドハイターなどの衣類用漂白剤(酸素系)を入れてお湯で洗うと落ちやすいです。

自分でお手入れして、スニーカーを長持ちさせよう

洗い終わったスニーカーを乾かすとこんな感じです。

汚れが落ちて、白さを取り戻しています、、、!!(感動)

汚くなって新しいのを買おうか悩んでいたけどこれならまだまだ使い続けられます!

まだ新しいものをすぐに買わなくても良いし、節約にもなりますね♪

 

お気に入りのスニーカーは、自分でお手入れして長くお付き合いしましょう^^